携帯電話とSMS

携帯電話とSMS

LINEで送る
Pocket

携帯電話とSMS

携帯電話の普及率(日本)

日本において携帯電話は今や、生活に切り離すことのできない必需品として定着しています。1996年(平成8年)には携帯電話契約数(※1)が約1,200万台、携帯電話の人口普及率(※2)ではわずか10.0%でしたが、その12年後の2008年(平成20年)には携帯電話契約数が1億台を突破、2013年(平成25年)には携帯電話普及率が100%を超えています。2015年(平成27年)6月の結果では、携帯電話主要キャリア(NTTドコモ/au/ソフトバンク・ワイモバイル)の合計契約数が151,492,700台、人口普及率は119.4%と増加の一途をたどっており、今後も引き続き増加トレンドが続くことが見込まれています。2015年の人口統計によれば、20歳未満の未成年が2,205万人、75歳以上の高齢者が2147万人と報告されています。これらの年代は相対的に携帯電話の保有率が低いことをふまえれば、携帯電話は1人1台は当たり前で、既に1人複数台を持つのが当たり前になりつつあることも推測できます。

表1:過去20年の携帯電話契約数・全国人口の推移(※3)

表2:過去20年の携帯電話普及率の推移

※1 一般社団法人 電気通信事業者協会「事業者別契約数」 より抜粋。
※2 ※1および総務省統計局「人口推移の概要」 より算出
※3 携帯電話契約数は、一般社団法人 電気通信事業者協会が公表している各年の主要事業者の6月度における契約数を総計しています。

携帯電話の普及率(世界)

グローバルノートで公表している世界の携帯電話契約者数のデータ(※4)によれば、2014年時点の携帯電話契約者数は69億5,411万人であり、世界の総人口(※5)72億4400万に対する保有率が96.0%となっています。国別の携帯電話契約者数では、中国・インド・米国・インドネシア・ブラジル・ロシアなど人口ランキングの上位を占める各国がそのまま上位を占めています。人口ランキング10位の日本は、国別携帯電話契約者数では7位となっています。
またITU(※6)の世界228の国・地域を対象とした携帯加入者数調査では、各国の携帯普及率が抽出されています。携帯普及率という観点では、クウェート・サウジアラビア・アラブ首長国連邦といった中東の石油産出国をはじめ、中東・ヨーロッパ・アフリカ圏の国々が上位を占めています。国となっていない地域を含めてみると、マカオは322.59%、香港は233.62%と突出して高い携帯普及率が報告されています。日本は、228の国・地域内で73番目にあたる120.23%の携帯普及率となっています。

表3:2014年 国別携帯電話契約者数上位30

契約者数順位 人口順位 国名 携帯電話契約者数(千人)
1 1 中国 1286093
2 2 インド 944009
3 4 インドネシア 319000
4 3 米国 317444
5 5 ブラジル 280729
6 9 ロシア 221030
7 10 日本 152696
8 7 ナイジェリア 138960
9 13 ベトナム 136148
10 6 パキスタン 135762
11 8 バングラデシュ 120350
12 12 フィリピン 111326
13 11 メキシコ 102188
14 16 ドイツ 99529
15 20 タイ 97096
16 15 エジプト 95316
17 23 イタリア 94200
18 24 南アフリカ 79540
19 21 イギリス 78461
20 19 トルコ 71888
21 18 イラン 68891
22 32 アルゼンチン 66357
23 22 フランス 64875
24 31 ウクライナ 61170
25 35 ポーランド 59796
26 26 韓国 57208
27 27 コロンビア 55331
28 42 サウジアラビア 52736
29 29 スペイン 50761
30 44 マレーシア 44929

表4:2014年 国別携帯電話普及率 上位30 (※7)

順位 国名 携帯電話普及率(%)
1 クウェート 218.43
2 モルディブ 189.38
3 サウジアラビア 179.56
4 アラブ首長国連邦 178.06
5 バーレーン 173.27
6 カザフスタン 172.19
7 ガボン 171.38
8 スリナム 170.57
9 ボツワナ 167.30
10 モンテネグロ 163.03
11 セーシェル 162.19
12 リビア 161.12
13 ウルグアイ 160.80
14 エストニア 160.69
15 アルゼンチン 158.80
16 パナマ 158.05
17 オマーン 157.75
18 ロシア 155.14
19 イタリア 154.25
20 オーストリア 151.91
21 ルクセンブルク 149.49
22 南アフリカ 149.19
23 マリ 149.07
24 ポーランド 148.89
25 マレーシア 148.83
26 ヨルダン 147.80
27 トリニダード・トバゴ 147.34
28 ベトナム 147.11
29 リトアニア 147.04
30 シンガポール 146.89

※4 グローバルノート 「世界の携帯電話契約数 国別ランキング・推移」より抜粋
※5 世界人口白書2014より抜粋
※6 International Telecommunication Unionの略。国連の専門機関で、無線通信・電気通信の各国間の標準化を確立する組織。
※7 ITUサイト内のMobile-cellular subscriptionsより抜粋

携帯電話とSMS

SMS(ショートメッセージサービス、ショートメール、short message service)は、携帯電話同士で短い文字メッセージが送受信できる世界標準のサービスです。ほぼすべての携帯電話で標準搭載されており、どの地域でも手軽かつ安価で利用することができるため、携帯電話の普及時期に世界中での活用が広まっています。スマートフォンの利用者が増加し、通話アプリの利用が進む最近においても、SMSは世界中で様々な利用が進んでいます。世界の活用事例は、下記ページをご覧ください
参考1:SMS活用事例(1)タクシー配車予約inシンガポール
参考2:SMS活用事例(2)タクシー配車予約inベトナム
参考3:SMS活用事例(3)音楽番組・音楽イベントでの活用 (韓国・インドネシア)

また、携帯電話の番号で、日本から世界の国・地域の人へ簡単にメッセージを送ることができることも、SMSの魅力の一つとして定着しています。(※8)
(※8 ご利用のキャリアや、SMSを送付したい国・地域によって一部例外があります。
詳細は、国際SMSとはをご確認ください)

次ページ

「EXLINK SMS」の特徴はこちら

Copyright EXLINK CO.,LTD All rights reseved.
▲TOP