SMS活用事例(1)タクシー配車予約inシンガポール

SMS活用事例(1)タクシー配車予約inシンガポール

LINEで送る
Pocket

SMS活用事例(1)タクシー配車予約inシンガポール

SMS(ショートメッセージサービス、ショートメール、short message service)は、携帯電話同士で短い文字メッセージが送受信できる世界標準のサービスです。ほとんどのスマートフォン・フィーチャーフォンでデバイスを選ばずに利用できるサービスであり、利用方法も簡単なため、様々な活用方法が生み出されています。今回はSMS活用事例の一つとしてシンガポールのタクシー配車予約の事例をご紹介します。

シンガポールの自動車事情

シンガポールは、下記のような理由で自動車を所有できるのがごく一部の富裕層に限られている国です。

  • 車を自国で製造していないため自動車を所有する際は全て輸入車となるが、自動車の関
    税がとても高い(日本車でも3~4倍の購入価格となることもある)
  • 車両購入権(COE)の約60,000シンガポールドル(※1)が必要
  • 車両購入権(COE)の有効期限が10年。切れた場合は更新するか、乗っている車を廃車しなければならない
  • 車両購入権(COE)意外にも、登録料、道路税などの支払が高額

その背景は、シンガポールの国土面積にあります。シンガポールは、昨今の急速な経済成長を遂げて数多くのグローバル企業の拠点を有しており、現在では日本よりも高い一人当たりのGDPを誇る経済大国となっています。一方で国土は淡路島と同じくらいのとても狭い国です。自動車が増えてしまえば車で国中が車であふれかえる事態となります。交通渋滞の慢性化とそれに伴う経済活動の停滞といった社会問題を軽減するために、国家として自動車の台数を制限していく必要があるのです。そんなシンガポールにおいて欠かせないのが、Mass Rapid Transit (MRT=電車)とタクシーの存在です。MRTは、南北線、東西線、北東線、環状線の4路線で構成されていて利便性も高く、運行間隔も短いことから、シンガポールに住む人々の足として運行されています。タクシーは、初乗り料金3シンガポールドル(※2)と日本の半額以下となっており、観光客だけでなく自動車を持たない住民にとっても主要な交通手段となっています。います。ベトナムのタクシー事情とSMSでご紹介のようなぼったくり行為を行うタクシー会社も少なく、安全性が高いと言われています。ちなみに、シンガポールのバスは停留所、目的地などが分かりにくい等の問題から使いこなすには難易度が高く、特に観光客にとってはMRTとタクシーを用いた移動を行うことが一般的になっています。

※1:2015年10月時点で約5,160,000円
※2:2015年10月時点で約258円

SMSを用いた配車・予約 in シンガポール -混雑を避けたタクシー乗車に-

主要な交通手段となっているタクシーですが、流しのタクシーをつかまえることに難航する場合も多く、ホテルや主要施設のタクシー乗り場や街中のタクシースタンドを利用するケースが一般的です。しかし、混雑時や雨天時などにおいては一時間以上待たなければならないこともしばしばあります。そこで便利なのがSMSを用いた配車予約です。シンガポールの場合、全ての建物に郵便番号が割り当てられており、郵便番号だけで場所を特定することができます。それをうまく活かしたSMSの活用事例となります。実際の予約方法は以下です。

—————————————————-
SMSを用いたタクシーの予約方法 (※3)
1.SMSでメッセージを送る
「71222」に下記フォーマットのいずれかに沿ってSMSを送ります。 (※4)
  フォーマット1:Book<space>Postal Code<space>#Pick-up point
  フォーマット2:Book<space>Building Name<space>#Pick-up point

2.SMSによる返信を待つ
  予約が成功した場合は、タクシーの車種・ナンバー・到着見込時間が返信されてきます。
  あとはその指示にあわせて待ち、乗車するだけです。(※5)

  なお、Fastcallというタクシー予約用の看板を見つけることができれば、下記のフォーマットに沿ってPin Codeを入力するだけで予約が可能です。
  フォーマット3:FC Fastcall Pin Code
—————————————————-

※3:実際の画面等で確認されたい場合は、下記サイトを参照していただくことをおすすめします。
参考サイト(外部):
シンガポールでタクシー配車にSMSを使ったらモノスゴク便利だった
※4:送信先の71222は、Comfort Deligro and City Cab Taxi Serviceの番号です。
同サービスは、Comfort Taxi社とCityCab社の共通のSMS予約を行っています。
参考(外部):Comfort and CityCab 社サイト
※5:上記を用いて乗車した場合、追加料金として約2.30~4.50シンガポールドル(2015年10月時点で約258円)がチャージされます。

タクシー配車アプリ

世界のタクシー業界を揺るがす存在となりつつあるUber(本社:アメリカ)をはじめとし、タクシーの配車アプリサービスは提供される数も利用者も増加しています。それは、シンガポールも例外ではありません。シンガポールのタクシー配車アプリサービスは、タクシー会社が管理、運営するサービスと、サードパーティーが提供するサービスとに大分され、それぞれ普及しています。(いずれも利用時には、SMS予約同様、約3シンガポールドルが追加料金が必要です)

[タクシー会社が管理、運営する配車アプリサービス]

  • ComfortDelGro Taxi Booking(コンフォートタクシー社の公式アプリ)
  • SMRT Book a Taxi(SMRT社の公式アプリ)
  • TransCab (TransCab社の公式アプリ)

[サードパーティーが提供する配車アプリサービス]

  • Uber(アメリカ本社)
  • GrabTaxi(マレーシア本社)
  • Easy taxi(ブラジル本社)
  • Halio(イギリス本社)

しかし、タクシー会社が管理、運営する配車アプリサービスの場合、上予約がそれぞれの会社の所有するタクシーに限られるため、タクシーに乗るまでに時間がかかってしまう傾向にあります。
また、サードパーティーが提供する配車アプリサービスの場合、それらに対してレギュレーションを意図する動きとして、2015年4月、タクシー配車アプリの運用を規制する法案が提出されています。(※6)
内容としては、

  • サービスを提供するには、Land Transport Authority (LTA:陸上交通庁)の許可が必要。(有効期限は3年間)
  • 派遣できるのは、職業ライセンスを付与されたタクシーと運転手のみ
    利用者が支払わなければならない料金を前もって知らせること(料金のつりあげ行為も禁止)
  • 予約時に、目的地を必須項目にしないこと(乗車拒否を防止するため)
  • カスタマーサポートを提供すること

などがあります。いずれのレギュレーションも職業ライセンスを持たない運転手の紹介や、ぼったくり行為、目的地をふまえた上での乗車拒否など、利用者側のトラブルが頻発していたことがうかがえます。
また、各アプリはいずれも利用者の現在地確認にGPSを用いるケースがほとんどですが、シンガポールの場合は郵便番号を利用するSMSの方がより正確に場所を確認できます。こうした背景もあり、SMSによる配信予約の利用者が多いのがシンガポールの特徴と言えます。

※6参考(外部):シンガポールでタクシー配車アプリが許認可制に–Uberなど各社の反応は

参考

その他の海外事例として、下記のコンテンツも用意しておりますのでご覧ください。
SMS活用事例(2)タクシー配車予約inベトナム
SMS活用事例(3)音楽番組・音楽イベントに活用されるSMS(韓国・インドネシア)

なお、タクシー配車予約等でのSMS利用などは、日本でも実施可能です。ご相談は、EXLINK-SMSお問い合わせフォームよりご連絡ください。

次ページ

「EXLINK SMS」の特徴はこちら

Copyright EXLINK CO.,LTD All rights reseved.
▲TOP