IVR連携送信モデルとは

IVR連携送信モデルとは

LINEで送る
Pocket

IVR連携送信モデルとは

ユーザーが電話一本で簡単にサイトのURL等の情報を入手できるモデルです。

IVR連携送信の手順

  1. ユーザーがテレビ、新聞、雑誌、広告、説明書、等に触れ、興味を持ちます。
    IVR連携送信の手順1
  2. 電話をかけると、SMSでURLが送信されます。
    IVR連携送信の手順2
  3. ユーザーがSMSを受け取り、内容を確認します。送信結果は「EXLINK-SMS」の送信結果画面で確認できます。
    IVR連携送信の手順3
EXLINK-SMSのデモダイアルをお試しください。
050-5840-4040
電話をかけ、ガイダンスに従って操作してください。
折り返し、SMSが返信されます。
通話料、パケット料がかかります。

活用方法1:ウェブサイトへ誘導する

IVR連携送信を用いると

電話一本で、必要なURLを入手できるので、ウェブサイトを用いた情報収集や手続がかんたんになります。
ウェブサイトへ誘導

利用例

手軽に目的のサイトに誘導することで、下記のようなアクションを取る手間を軽減します。

  • 既設のIVRと連携することも可能です。
  • 資料請求やサンプル請求に
  • キャンペーンの受付に
  • メール等での会員登録に
  • アンケート収集に
  • 時間外受付に

IVR連携送信の活用事例

活用方法2:顧客のサポート強化を行う(あふれ呼対策など)

顧客のサポート用途でのSMS

顧客の携帯電話の機種やリテラシー、迷惑メール設定等の影響を受けずに情報を送信できるSMSは、顧客のサポートを目的とした情報送付にも有効です。
自宅の固定電話からかけてきた場合でも「お手元の携帯電話番号を押してください」と案内することで携帯電話にSMSを送信することができます。(カスタマイズ対応)

あふれ呼対策とは

「あふれ呼」とは、コールセンターに電話が集中してつながりにくくなることを指します。あふれ呼に備えて代替手段を用意しておくことで、顧客の問題解決や、ストレス軽減に貢献します。
顧客のサポート強化
あふれ呼対策

利用例

  • 必要なURLを送る
  • 折り返しの案内を送る
  • 不足する情報を補完する

IVR連携送信の活用事例

活用方法3:オートコール直後の情報送信、サイト誘導

電話を一斉にかけることができるオートコールで興味のある方に対して、電話終了直後にサイトURLを送信して詳細情報を見ていただくことや、オートコールでアンケートの了承をいただいて方にアンケートのURLを送信することができます。
オートコールで承諾

利用例

  • 興味のある方にサイトURLを送る。
  • アンケートの回答をWEBで行ってもらうためのURLを送る。
Copyright EXLINK CO.,LTD All rights reseved.
▲TOP