安定した連絡手段となるSMS

安定した連絡手段となるSMS

LINEで送る
Pocket

安定した連絡手段となるSMS

お客様への基本的な連絡方法は「電話」「メール」「DM」。最近は「通話・メールアプリ」。だけど…

お客様へのアプローチや連絡手段として「電話」「メール」「DM」などを活用されているケースは多いでしょう。
また昨今ではLINEやSkype、カカオトークなどの通話・メールアプリの利用も広がり、マーケティングツールとして利用する企業も増加しています。
しかし、それぞれの手段には下記のような課題があるため、悩まれるケースもあるのではないでしょうか。
SMSは、電話番号宛にメッセージを安価で送ることができるという特徴から、各種連絡方法の代替手段として補完的に使用することも有効です。

連絡方法 課題
電話 1通話ごとに費用がかかる。
電話に出てもらえないと、手間がかかる。
口頭での情報が不正確になる場合がある。
メール 利用者が受信するメールのドメイン指定をしている場合、送っても届かない場合がある。
迷惑メールフォルダに割り振られる場合がある。
メール受信数が多いユーザーは、メールに埋もれて読まれない。
メールアドレスが変更されると送れない。
DM 1件あたり配送料と手間がかかる。
到着まで時間がかかるため、迅速な連絡手段としては使えない。
住所が変更になると送れない。
通話・メールアプリ
(LINEなど)
全ての利用者が使えるとは限らない。
アカウントの変更や、友達からの削除をされると、届かなくなる。

連絡方法としてのSMSのメリット

SMSのPC送信を用いてお客様への連絡を行うと、下記のようなメリットがあります。

  • 電話番号宛にSMSを送るため、迷惑メールとしてはじかれる心配はありません。
  • SMSはメールと比べて開封率が高いため、他のメールに埋もれて見逃されるリスクを抑えられます。
  • 電話と異なり履歴が残るため、利用者の備忘につながります。
  • 電話番号だけで情報を送ることができるうえに、MNPにも対応しているため、利用者の環境の変化に対応しやすい特徴があります。

連絡手段の確保を目的としたSMS送信サービスを検討するなら・・・

EXLINK-SMS PC送信モデルの活用方法

EXLINK-SMS PC送信モデルの活用事例

Copyright EXLINK CO.,LTD All rights reseved.
▲TOP