API送信モデルとは

API送信モデルとは

LINEで送る
Pocket

API送信モデルとは

SMSの機能と貴社のシステムとを連携させることができるモデルです。

API連携の手順

  1. 貴社サイトや基幹システムと「EXLINK-SMS」でAPI連携を行います。
    api連携送信の手順1
  2. 指定した条件により、プログラムが自動でSMSを送信します。
    api連携送信の手順2
  3. SMSの送信結果を通知します。(電源OFF/圏外、着信拒否等)
    送信結果は「EXLINK-SMS」の送信結果画面でも確認できます。
    api連携送信の手順3

活用方法1:本人認証を行う

本人認証に便利なSMS

SMSの宛先は、携帯電話端末に1つだけのため、とても確実性が高い認証方法です。

本人認証のメリットはこちら

本人認証

利用例

SMS認証を利用することで、より正確な本人確認を行うことができます。

  • 会員登録のパスワードを送る
  • 口座引き落としの情報を送る
  • 個人情報の変更を確認する

API送信の活用事例

活用方法2:リマインダーや通知メールを送る

リマインダーや通知メールの送付に用いるSMS

SMSを用いてリマインドメールや通知メールを送ることで、重要性の高い情報をタイムリーかつ確実に連絡できます。

利用例

リマインドを送ることで機会損失をなくすことができます。

  • 通院日時の確認連絡
  • 工事予定日の立合い連絡
  • 配送日前日確認

API送信の活用事例

Copyright EXLINK CO.,LTD All rights reseved.
▲TOP